授業について|招来舎高等学院|通信制高校明蓬館高等学校の教育提携校

03-6304-9093受付時間 9:00~18:00
お問い合わせ

授業について

教育提携校である明蓬館高等学校のネット授業で学びます。

スマホ・タブレットでもOK!ネット授業で24時間いつでもどこでも学習できる

イメージ

明蓬館高等学校では、「毎日の学習」=授業・レポートを、インターネットを利用して行います。入学すると、生徒個人のIDとパスワードが発行され、「My Page」と呼ばれる明蓬館オリジナル学習システムにログインすることができます。担任や教科担当の先生と相談しながら、学習を進めていきます。
インターネットが接続できる環境であれば、日本国内のみならず、海外でも学習ができ、過去のネット授業も繰り返して見ることができるので、教科に対して理解が深まり、興味も一層高まります。

また、レポート提出も、「My Page」(ネット上)から提出するので、郵送作業の手間が省け、学習の継続が可能となっています。
GUI(グラフィカル・ユーザー・インターフェイス)の思想に基づいてマウスを使って直感的に操作できます。
すべてのOSに対応しており、ブラウザで操作できるのも他の高校ではあまり見られない特長です。

My Page(学習システム)

イメージ

入学すると「マイページ」と呼ばれる独自の学習システムのログインIDとパスワードが発行され、インターネットを利用して学習を進めることができます。
マイページを利用して以下のこともが出来ます。

  • 個人認証機能が付いているので、学習記録が残ります
  • ネット授業の閲覧
  • 教科の先生(スタディコーチ)とのやりとり(教科指導)
  • 担任(プライベートコーチ)とのやりとり(個人的な相談・進路相談など)
  • 各教科の学習資料のダウンロード
  • レポートの提出 (一部、出来ない科目もあります)

※コースによってマイページの使える機能が異なります。詳しくはお問合せください。

インターネット授業

イメージ

ビデオチャットシステムを利用したネット授業を行なっています。
生徒たちは自宅もしくは学校からマイページへアクセスし各ネット授業を視聴した後、レポートに取り組んでいきます。
ネット授業は録画して保存してあるので、いつでも何回でも視聴する事ができます。
これらのネット授業とレポートに取組む事で、面接指導時間が一部軽減されています。

成果物について

イメージ

様々な方法で学習成果物を提出し、評価を得ることが可能です。
時間をかけたテーマ学習やPBL(プロジェクト・ベースド・ラーニング)で他の生徒とともに作り上げた成果物は、レベルも高く、成績面でも高い評価を得られます。
また一部のコース・履修科目では米国提携高校およびワシントン州教育委員会の指導要領に準拠して、生徒本人による評価基準コミットの仕組みも取り入れています。

スクーリング

イメージ

安宅本校(福岡県・川崎町)での体験型集中スクーリング。
各教科決められた数のスクーリングに参加することが必要になります。
ネット授業、各種メディアの活用により、実際に本校に集合して行うものは、通常の公立通信制高校の十分の一程度です。
本校でしか学べないエコ・グリーンツーリズムを体感できる体験型、交流型、対話型授業を計画し、実施します。
普段通学したい人のニーズにかなうよう所属学習センターで科目学習や総合的な学習やグループ学習、受験指導なども可能です。

ネット授業、多様なメディアの活用によるスクーリングの代替が10分の8まで可能となり、通う負担が大幅に減り、従来の年間20日間のスクーリング出席日数を3、4日間程度に短縮。
また、 それだけではなく、明蓬館高校では従来式のスクーリングを超えて、体験型・発見型・創造型の有意義なスクーリングを提供しています。

招来舎高等学院のメソッド

招来舎高等学院では、明蓬館高等学院のネット授業に加えて、画期的な教育プログラムを準備しています。

フォイヤーシュタイン

イメージ

フォイヤーシュタインメソッドを考案した故ルーヴェン・フォイヤーシュタイン教授は、多くの⼦どもとの係わりの中で得た膨⼤な資料と実践経験から「認知構造変容理論」「媒介学習理論」など、画期的な学習理論を展開させた認知⼼理学者です。
教授が開発した『認知能⼒強化教材(IE)』は、思考の発達段階を順次登りながら、“思考⼒”と“思考の⽅法”を⾝につけられるように構成された⼀連の教材で、学校での教科学習の前提条件となる数や時間、空間関係などの基本概念の育成や、社会性を⾝につける教材として有⽤であると評価されています。

学校の勉強とは、答えにたどり着くための⽅法論を教えることが多いのですが、フォイヤーシュタインメソッドでは、あえて教えることをせずに、生徒自らの「気づき」を促すことに主眼を置いています。
⽣徒⾃⾝が考えをめぐらせ、答えにたどり着くための様々な⼿段・戦略を発⾒しながら、最終的に自分⾃⾝の⼒で答えを出す。このプロセスが、理解⼒と判断⼒、そして⾃ら模索・発想し⾏動していく⼒を養い、インディペンデント・ラーナー(自力した学習者)として成長させてくれるのです。

招来舎高等学院では、日常の学習や成果物の作成にもこのフォイヤーシュタインの考え方を導入し、経験豊富なスタッフが、生徒一人ひとりがインディペンデント・ラーナーとして社会で活躍できるよう、サポートします。

ブレインジム

イメージ

【動きは学びの扉〜ブレインジム〜】

「動きは学びの扉」これはブレインジムの創始者、ポール・デニソン博士の言葉です。
ブレインジムは26種類のシンプルなエクササイズで、自分独自のペースを知り、更なる可能性に気づき引き出していきます。
また、見る・聴く・書くという学習に必要なスキルやコミュニケーション、実行力、理解力等の集団生活におけるスキルの向上にも役立つエクササイズです。
子ども達に限らず、社会人や高齢者まで、すべての年代の人達が、いつでもどこでもできるワークなので、保護者や教育関係者だけでなく、医師やセラピストなど、専門分野の中に取り入れるために学びを深める方々も増えています。

ブレインジムは世界約80ヶ国に普及しており、アメリカやイギリスでは、子どもの学習意欲や集中力を高める教育プログラムとして、多くの学校で一般的に取り入れられています。

ブレインジムを日本で学ぶことができるようになって10年以上が過ぎました。2009年よりブレインジム・インストラクターとしても活動している校長が、生徒さんのパフォーマンスの向上のお手伝いをします。

※Brain Gym®︎(ブレインジム)は、教育キネシオロジー財団の商標登録です。

招来舎高等学院のコース

週4日登校コース 週に4日まで登校できます。(月・火・木・金)
週2日登校コース 週に2回まで登校できます。(月・火・木・金のうちいずれか2日間)
週1日登校コース 週に1日登校できます。(金曜のみ)

© 招来舎高等学院

ページトップへ